衛星攻撃兵器(ASAT)実験

米国は2020年7月23日、ロシアが2020年7月15日に宇宙空間で衛星攻撃兵器(ASAT、Anti-satellite weapon)の実験を行ったと非難しました。

マーシャル・ビリングズリー(Marshall Billingslea)米大統領特使(軍縮問題担当)は、”Clearly this is unacceptable”とツイッター(Twitter)に投稿し、同ツイッター上で、来週オーストリアのウィーンで開かれる新戦略兵器削減条約(新START)の後継条約に関する協議で”major issue”とする考えを示しています。

これに関連して、菅官房長官は記者会見で「アメリカによる発表は承知しており、わが国としても、現在、情報収集と分析を行っている。宇宙空間の安全的利用の確保は、宇宙利用を推進する各国にとって安全保障上の重要な課題の1つとなっている。」と述べ、各国の動向を注視していく考えを示しました。

文責 野村 遥祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です