OneWeb追加打上げ

12月18日、OneWebがソユーズロケットで36機の衛星を追加打ち上げしました。
これは、3月にOneWebがチャプター11を申し立てて以降初めての打ち上げになります。

インド企業のBharti Globalとイギリス政府が1億ドルを提供してOneWebを再び衛星ビジネスにカムバックさせようと試みています。
計画通り2022年にコンステレーションを完成させるにはさらに一億数百ドルの資金を必要としているとのことですが、複数の企業からのさらなる出資が見込まれているとのことです。

チャプター11手続はもちろん、その後の出資契約、締結済みのロケット打ち上げ契約の見直し交渉、労務リストラその他、宇宙事業にも様々な局面で法務が必要になります。
日本スペースロー研究会は幅広い分野の専門家弁護士で構成されており、宇宙ビジネス法務を日々研究、発表しています。
今後の研究会の活動にぜひご注目ください。

文責 鈴木泰治郎

OneWeb resumes satellite deployment with Soyuz launch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です