火星探査機Perseverance

昨年7月に打ち上げられた火星探査機Perseveranceが、日本時間2月19日、火星ジェゼロ・クレーターに着陸します。
Perseveranceは火星における生命の痕跡を探索し、火星地表のサンプルを採取することをミッションとしています。
このサンプルは、今後実施されるNASAとESAによる共同ミッションにおいて、地球に持ち帰ることが予定されています(サンプルリターン)。
動画で再現! NASA最新の探査車はこうして火星の大地に降り立つ(sorae 宇宙へのポータルサイト) – Yahoo!ニュース
サンプルリターンといえば、昨年10月に探査機OSIRIS-Rexが小惑星ベンヌのサンプル採取を行い、12月には小惑星リュウグウのサンプル採取に成功したはやぶさ2が帰還したことは記憶に新しいでしょう。

昨年12月、ホワイトハウスは惑星保護に関する国家戦略を発表しています。
国家宇宙政策の一つとして、他の惑星と地球の生物学的な汚染を防止し、探査の実効性や地球環境を保護しようとするものです。
White House releases planetary protection strategy – SpaceNews
華々しい惑星探査ミッションの裏側にある、こうした取組みにも注目です。

文責:弁護士 星諒佑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です