宇宙寺院

京都の世界遺産醍醐寺と京都の人工衛星開発ベンチャーであるテラスペース株式会社は寺院機能を持たせた人工衛星の打ち上げを目指すことになりました。
なお同衛星にはIoT機能を持たせて山岳部にある寺院の防災管理なども行う予定です。

人工衛星の宗教利用については仏教の教義上の位置付けや宇宙の宗教利用の是非など様々な論点がありますが、比較的低価格の人工衛星の活用方法の一つとして今後の進展に目が離せないところです。

「宇宙寺院」23年打ち上げへ 醍醐寺とテラスペースが合意

文責:弁護士 岡田一毅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です