鈴木 泰治郎

所属

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)

経歴

  • 2001年3月 一橋大学商学部卒業
  • 2005年10月 ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)入所
  • 2012年7月 トロント大学ロースクール法学修士課程修了

プロフィール

ベーカー&マッケンジー東京事務所の銀行・金融グループ及び不動産グループに所属。2012年9月より、ベーカーマッケンジーのメンバーファームであるBaker McKenzie Wong & Leow(シンガポール)に1年間駐在した経験を有する。

The Legal 500 Asia Pacific 2017年~2020年版の不動産法分野、国際法律事務所・ジョイントベンチャー部門において「次世代を担う弁護士」及び「次世代を担うパートナー弁護士」として選出される。

主な業務分野

  • 国内外におけるPFI、太陽光・風力発電その他のプロジェクトファイナンス
  • 国内外における不動産その他の資産の証券化・流動化案件(TMKスキーム、TK-GKスキーム、不動産特定共同事業、信託借入スキーム)
  • ホテル・商業施設の開発案件、市街地再開発事業のストラクチャリング・契約書作成・契約交渉等
  • 宇宙ビジネスに関するアセットファイナンスその他宇宙法務全般

所属団体等

  • 一般社団法人日本スペースロー研究会(理事)

著書・論文等

講演・セミナー等

  • 「宇宙ビジネスとデットファイナンス~宇宙資産に対する担保に関する考察と宇宙保険の重要性」講演、流動化・証券化協議会(2019年5月)
  • 「宇宙活動法とリモートセンシング法の勘所:宇宙ビジネスに関する投融資・保険実務、知的財産権とロケット打ち上げ契約等における特有の条項」講演、日本計画研究所(2019年4月)
  • 「宇宙ビジネスの法務とファイナンス~ライセンス制度、損害賠償責任、宇宙条約や衛星への担保設定等宇宙ビジネスの法務を徹底解説~」講演、金融財務研究会(2018年12月)
  • 「宇宙ビジネスに関する投融資、知的財産権、保険実務の肝所(かんどころ)をおさえた確実な事業の取組み方について」講演、日本計画研究所(2018年6月)
  • 「宇宙ビジネスに関する法的留意点と契約実務」講演、金融ファクシミリ新聞社(2018年4月)
  • 「宇宙ビジネスの法務とファイナンス入門 ~ライセンス制度、損害賠償責任、宇宙条約や衛星への担保設定等宇宙ビジネスに係る問題点を徹底解説~」講演、金融財務研究会(2018年2月)
  • 「宇宙ビジネスの法務とファイナンス入門 ~ライセンス制度、損害賠償責任、宇宙条約や衛星への担保設定等宇宙ビジネスに係る問題点を徹底解説~」講演、金融財務研究会(2017年10月)