稲垣 航

所属

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)

経歴

  • 2008年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 2011年 一橋大学大学院法学研究科法務専攻(ビジネスローコース)修了
  • 2013年 敬和綜合法律事務所入所
  • 2016年 ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)入所
  • 2020年 Leiden Law School 航空宇宙法専攻 (Advanced LL.M.) 修了
  • 2020年 ispace, inc.(研修)
  • 2020年 SoftBank Investment Advisers (UK)(出向)

プロフィール

飛行機、ロケット、天体及び宇宙が大好きな弁護士。宇宙空間の利用に伴う経済的便益とその持続可能性に関心を有する。
日本法の法曹有資格者として初めて蘭・ライデン大学大学院 航空宇宙法専攻(Advanced LL.M.)を修了。
ベーカー&マッケンジー東京事務所の銀行・金融グループに所属する。Aviation, Aerospace and Defense(Global Industrials, Manufacturing & Transportation Group)のメンバーである。

主な業務分野

  • 航空宇宙産業に係る法的助言の提供
  • 国内外におけるPFI、太陽光・風力発電その他のプロジェクトファイナンス
  • 空港民営化その他のコンセッション案件
  • 国内外における買収ファイナンス
  • 倒産事業再生案件、一般企業法務

所属団体等

  • 第一東京弁護士会 宇宙法研究部会
  • 第一東京弁護士会 倒産法研究部会
  • 一般社団法人日本スペースロー研究会(理事)

著書・論文等

  • “Artemis Accords: Star Trek or Star Wars?”(Leiden Law Blog 2020年6月4日)
  • 「宇宙ビジネスとデットファイナンス~宇宙資産に対する担保権及び宇宙保険について~」(「SFJ Journal」Vol. 20、流動化・証券化協議会)
  • 「これだけは知っておきたい!弁護士による宇宙ビジネスガイド-New Spaceの潮流と変わりゆく法-」同文舘出版(2018年11月)

講演・セミナー等

  • “Leiden LLM Students and The Legal and Policy Aspects of Space Resource Utilization”(共演、主催 国際宇宙航行連盟(IAF)71st International Astronautical Congress、2020年10月)
  • 「宇宙ビジネスとデットファイナンス~宇宙資産に対する担保に関する考察と宇宙保険の重要性」(共演、主催 流動化・証券化協議会、2019年5月)
  • 「監査等委員会委員と監査役~改正会社法をふまえた監査からみる企業統治のあり方」(共演、主催 経営調査研究会、2015年1月)