ヴァージン・ギャラクティック社、宇宙旅行に成功

ヴァージン・ギャラクティック社は、現地時間2021年7月11日(日本時間7月12日未明)、VSS Unityによるテストフライトを実施し、53.5マイル(≒86km)の高度まで到達しました。おめでとうございます!

7月20日にはブルー・オリジン社によるサブオービタル飛行も予定されています。ブルー・オリジン社は、ヴァージン・ギャラクティック社によるフライトを控えた7月10日、宇宙空間の端となるカーマンラインは100kmであるから、ヴァージン・ギャラクティック社の今回のフライトは宇宙旅行ではないとの趣旨のツイートを投稿しました。

宇宙空間がどこからはじまるかについては、米国連邦宇宙局(FAA)は、高度50mile(≒80km)であるとしていますが、一方、国際航空連盟(FAI)などの他の組織はこれを高度100kmとしており、国際的に統一された基準はありません。しかし、近年はFAIも宇宙空間を高度80kmに見直す可能性を示唆しています。

ヴァージン・ギャラクティック社は、2018年にすでに高度80kmの有人宇宙旅行に成功していますので、テストフライトであるとはいえ、ヴァージン・ギャラクティック社にこのレースの軍配が上がったように思われます。

https://twitter.com/blueorigin/status/1413521627116032001
https://twitter.com/virgingalactic

文責:松宮慎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です